投稿

1月, 2018の投稿を表示しています

ヒルトン東京ベイ

イメージ
今回宿泊のヒルトン東京ベイは、1988年7月2日、『東京ベイヒルトン』として開業されました。
1990年にTBS系列で放送が始まった人気テレビドラマ『HOTEL』の撮影現場となったことでも知られています。(ドラマ内では「東京プラトン」として登場)

また、テレビ朝日系列で放送されたテレビドラマ『ホテリアー(日本版)』でも「東京オーシャンホテル」として登場しました。

最近、オリジナルの童話を創作し、その世界を再現した客室が設置されました。

今回はその「ハッピーマジックルーム」がオープン後、初めて宿泊させて頂きました。

↑お部屋はこんな感じ

トリプルルームでベッドは3セットあり、すべてを「ジョイント」して大きな一つのベッドに。

ベッドは、「一流ホテルのベッド」の「ポケットハードタイプ 」でした。
寝具は「デュベタイプ」で、上には「ベッドスロー」。

全体に森のイメージで明るい雰囲気の客室

同行の子供達のテンションも上がり気味です
壁には仕掛けがあり、備え付けの鍵を入れると、シャリ~ンと音がするのです。

子供向けのワクワクするようなお部屋のつくりですが、シチュエーションが「森の中」なので落ち着いた感じでゆっくり過ごすことができました。

ディズニーランド傍なので、ディズニーランドへ行き、ひと遊びしてまだホテルへ戻ってゆっくりすることも出来ます。

所在地:千葉県浦安市舞浜1-8

ヒルトン東京ベイ

イメージ
今回宿泊のヒルトン東京ベイは、1988年7月2日、『東京ベイヒルトン』として開業されました。
1990年にTBS系列で放送が始まった人気テレビドラマ『HOTEL』の撮影現場となったことでも知られています。(ドラマ内では「東京プラトン」として登場)

また、テレビ朝日系列で放送されたテレビドラマ『ホテリアー(日本版)』でも「東京オーシャンホテル」として登場しました。

最近、オリジナルの童話を創作し、その世界を再現した客室が設置されました。

今回はその「ハッピーマジックルーム」がオープン後、初めて宿泊させて頂きました。

↑お部屋はこんな感じ

トリプルルームでベッドは3セットあり、すべてを「ジョイント」して大きな一つのベッドに。

ベッドは、「一流ホテルのベッド」の「ポケットハードタイプ 」でした。
寝具は「デュベタイプ」で、上には「ベッドスロー」。

全体に森のイメージで明るい雰囲気の客室

同行の子供達のテンションも上がり気味です
壁には仕掛けがあり、備え付けの鍵を入れると、シャリ~ンと音がするのです。

子供向けのワクワクするようなお部屋のつくりですが、シチュエーションが「森の中」なので落ち着いた感じでゆっくり過ごすことができました。

ディズニーランド傍なので、ディズニーランドへ行き、ひと遊びしてまだホテルへ戻ってゆっくりすることも出来ます。

所在地:千葉県浦安市舞浜1-8

指宿白水館

イメージ
ここは以前、小泉首相が韓国の蘆大統領との首脳会談でも宿泊され、また、日本の旅館ランキングでいつもトップクラスに入るという、歴史と由緒ある日本を代表する高級旅館のひとつです。

これまで、宿泊で3回、食事のみで1回、利用させて頂きました。

鹿児島から少し距離がありますが、何度訪れても、ここは癒される場所です。

あとから増設して出来た「離宮」は、桂離宮をイメージされて作られたそうです。

畳の間とベッドがある、日本人にとってはとても落ち着く和洋室の空間。
ベッドは「こちらのタイプ​」。
寝具は「羽毛ベッドカバー(ボックスタイプ)​」です。

館内には、まるで美術館の様に、由緒ある壺や絵画類がずらりと展示してあり、館内を歩くだけでも目の保養になります。

ここの一番の売りはやはり元禄風呂でしょう。指宿名物の砂むし風呂は勿論のこと、色んなタイプのお風呂が楽しめ、細やかな心配りがなされており、旅の疲れをゆっくり取ることが出来ます。
食事も、質・量ともに大変満足のいくものです。日々の生活から開放されて、たとえ仕事で来ていても、まるで旅行で来てる様に滞在を満喫できるので不思議。

白水館の皆さん有難う御座いました。
次回鹿児島に来る機会があれば、是非また利用したいです。

〒891-0404
鹿児島県指宿市東方12126−12

指宿白水館

イメージ
ここは以前、小泉首相が韓国の蘆大統領との首脳会談でも宿泊され、また、日本の旅館ランキングでいつもトップクラスに入るという、歴史と由緒ある日本を代表する高級旅館のひとつです。

これまで、宿泊で3回、食事のみで1回、利用させて頂きました。

鹿児島から少し距離がありますが、何度訪れても、ここは癒される場所です。

あとから増設して出来た「離宮」は、桂離宮をイメージされて作られたそうです。

畳の間とベッドがある、日本人にとってはとても落ち着く和洋室の空間。
ベッドは「こちらのタイプ」。
寝具は「羽毛ベッドカバー(ボックスタイプ)​」です。

館内には、まるで美術館の様に、由緒ある壺や絵画類がずらりと展示してあり、館内を歩くだけでも目の保養になります。

ここの一番の売りはやはり元禄風呂でしょう。指宿名物の砂むし風呂は勿論のこと、色んなタイプのお風呂が楽しめ、細やかな心配りがなされており、旅の疲れをゆっくり取ることが出来ます。
食事も、質・量ともに大変満足のいくものです。日々の生活から開放されて、たとえ仕事で来ていても、まるで旅行で来てる様に滞在を満喫できるので不思議。

白水館の皆さん有難う御座いました。
次回鹿児島に来る機会があれば、是非また利用したいです。

〒891-0404
鹿児島県指宿市東方12126−12

リーガロイヤルホテル

イメージ
今回の宿泊は、関西の老舗、「リーガロイヤルホテル」の新しい棟「ナチュラルコンフォートタワーズ」。

ここはホテル内ホテルという感じで、19階の専用ラウンジでチェックインです。

1階から22階までがナチュラルコンフォートタワーズです。
プレジデンシャルは専用キーがないとエレベータは止まりません。
こちらの専用ラウンジではいろいろなサービスを受けることができます。

今回泊まったのは、20階「空」のダブル。

自然をテーマにした棟だけあって、カーペットも空や雲をイメージしたデザインですね。

お布団ベッドカバー(デュベ)も気持ち良かったです。

ベッドは、「一流ホテルのベッド」の「ポケットコイルタイプ(ポケット標準タイプ )」。
寝具は同じく「一流ホテルのベッド」の「デュベ」のタイプ。(白ストライプ柄)

関西では昔から最も格式の高いロイヤルホテルだけあって、さすがにサービス・居住性は抜群でした。

立地は少し不便ですが、淀屋橋から専用無料バスも頻繁にありました。

〒530-0005
大阪市北区中之島5-3-68

リーガロイヤルホテル

イメージ
今回の宿泊は、関西の老舗、「リーガロイヤルホテル」の新しい棟「ナチュラルコンフォートタワーズ」。

ここはホテル内ホテルという感じで、19階の専用ラウンジでチェックインです。

1階から22階までがナチュラルコンフォートタワーズです。
プレジデンシャルは専用キーがないとエレベータは止まりません。
こちらの専用ラウンジではいろいろなサービスを受けることができます。

今回泊まったのは、20階「空」のダブル。

自然をテーマにした棟だけあって、カーペットも空や雲をイメージしたデザインですね。

お布団ベッドカバー(デュベ)も気持ち良かったです。

ベッドは、「一流ホテルのベッド」の「ポケットコイルタイプ(ポケット標準タイプ )」。
寝具は同じく「一流ホテルのベッド」の「デュベ」のタイプ。(白ストライプ柄)

関西では昔から最も格式の高いロイヤルホテルだけあって、さすがにサービス・居住性は抜群でした。

立地は少し不便ですが、淀屋橋から専用無料バスも頻繁にありました。

〒530-0005
大阪市北区中之島5-3-68

ホテルアソシア新横浜

イメージ
「アソシア」は名古屋マリオットアソシアなどと同じく、JR東海系のホテルブランドです。

新横浜駅にあります。新幹線を利用する場合、駅直結という立地はとても便利です。チェックインの前に荷物を預かってもらい、新幹線を降りてすぐ荷物から解放され仕事や観に移動出来ます。
客室ではPCのプリントアウトも出来とても便利でした。

ベットの寝心地は素晴らしく、「一流ホテルのベッド」の「ポケット標準 」のタイプで、オプションのピローソフト が加えられていました。

コストパフォーマンスも良く、また利用したくなるホテルでした。
フロントの方々の対応も良かったです。設備などで不足しているものも特になかったのですが、敢えて言うなら、コーヒーはインスタントではなくドリップコーヒーが良かったかも・・。
是非また利用したいと思います。

〒222-0033
横浜市港北区新横浜二丁目100番地45

ホテルアソシア新横浜

イメージ
「アソシア」は名古屋マリオットアソシアなどと同じく、JR東海系のホテルブランドです。

新横浜駅にあります。新幹線を利用する場合、駅直結という立地はとても便利です。チェックインの前に荷物を預かってもらい、新幹線を降りてすぐ荷物から解放され仕事や観に移動出来ます。
客室ではPCのプリントアウトも出来とても便利でした。

ベットの寝心地は素晴らしく、「一流ホテルのベッド」の「ポケット標準 」のタイプで、オプションのピローソフト が加えられていました。

コストパフォーマンスも良く、また利用したくなるホテルでした。
フロントの方々の対応も良かったです。設備などで不足しているものも特になかったのですが、敢えて言うなら、コーヒーはインスタントではなくドリップコーヒーが良かったかも・・。
是非また利用したいと思います。

〒222-0033
横浜市港北区新横浜二丁目100番地45

京都迎賓館

イメージ
京都迎賓館は、建築中の工事関係者はともかく、開館(オープン)後は、一般の人は一部の見学許可を受けた人以外は入れなくなっています。
京都迎賓館は、「国立京都迎賓館」として建設が閣議決定され開館しました。洋風の赤坂迎賓館とは対照的な和風建築として、京都御苑の敷地内に建設されました。ちなみに、設計は日建設計でした。

開館後、最初の国賓はアメリカのブッシュ大統領でした。

開館後、今回初めて見学させて頂き、あらためてスミからスミまでそのスゴさを感じました。
広間の壁紙が西陣綴織だったり、螺鈿の貝が玉虫だったり。
庭も少し現代風で素晴らしく、鯉も、大きさ、色、艶・・・あらためて鯉が美しいと感じました。

写真を撮って良い場所は限られていますのでご了承下さい。
ちなみにここの客室の寝具類(デュベ)は「一流ホテルのベッド 」さんの工場で製造されているそうですが、残念ながら客室は見れませんでした・・・。

晩餐室で特に美しいのは舞台の扉の「截金(きりかね)」という伝統技術が生かされた柄。純金箔やプラチナ箔で繊細に模様が描かれています。

日本らしく、家具、内装もデザイン的にはシンプル且つ気品溢れる佇まい。

↑夕映(ゆうばえ)の間
最大約70名までの大広間。室内の大壁面には、京都市内から見える比叡山と愛宕山の景色が綴れ織で飾られています。写真は、「愛宕夕照」です。
細かな色まで再現されていてすごく迫力があります。

ご見学ご希望のかたは、抽選だそうですが、トライされてみては。
見学コースとしては、迎賓館の南門から、地下駐車場を通り、受付を済ませて、迎賓館に向かいます。館内はスリッパに履き替えます。(国賓の方々はもちろん靴のまま入るのでしょうが)。見学コースにはカーペットが敷かれています。ほんの少しでもはみ出ると注意されますのでご注意を(笑)。

所在地:京都府京都市上京区京都御苑
敷地面積:約2万0140m²
構造:鉄筋コンクリート造、地上1階(地下1階)
延床面積:約1万6000m²