投稿

コンラッド大阪

イメージ
「コンラッド」は、ヒルトングループの最高峰に位置付けられる、洗練されたエグゼクティブな高級ホテルです。

中之島フェスティバルタワー・ウエストの33階から40階部分に位置します。
「Your Address in the Sky -雲を突き抜けて-」がコンセプトで、全室から大阪を見渡せる164室の客室は、50平方m以上でゆったりとした作り。

デラックスルーム120室、エグゼクティブルーム36室、エグゼクティブスイートルーム3室、エグゼクティブコーナースイート4室、コンラッドスイート1室の構成。バリアフリールームとコネクティングルームもあります。

客室内には49インチのテレビ、タッチパネル式の室温や照明、カーテンなどのコントロールパネル、Bluetoothスピーカー、セーフティーボックス、ミニバー、ティー&コーヒーメーカーを設けています。

ミニバーには限定デザインのコカ・コーラや地元のビールを取り揃えています。

↑ ベッドは、「一流ホテルのベッド」の「こちら(ポケットハード)」のタイプ
寝具は、「デュベ」のタイプ

シンプルなデザインにも関わらず、身体の重心をしっかり支えてくれる安定感で、腰に不安を感じている方にとっては嬉しい就寝環境です。

バスルームはツインベイシンのほか、シャワーブースとバスタブを完備しています。コンラッドスイートには漆塗りのバスタブを配しています。アメニティーはアロマセラピーアソシエイツ。随所に和の要素を取り入れています。

ウェルカムスイーツ

寝室の隣にはウォークインクローゼットがあります。

コンラッド大阪
〒530-0005
大阪市北区中之島3丁目2−4
電話: 06-6222-0111

コンラッド大阪

イメージ
「コンラッド」は、ヒルトングループの最高峰に位置付けられる、洗練されたエグゼクティブな高級ホテルです。

中之島フェスティバルタワー・ウエストの33階から40階部分に位置します。
「Your Address in the Sky -雲を突き抜けて-」がコンセプトで、全室から大阪を見渡せる164室の客室は、50平方m以上でゆったりとした作り。

デラックスルーム120室、エグゼクティブルーム36室、エグゼクティブスイートルーム3室、エグゼクティブコーナースイート4室、コンラッドスイート1室の構成。バリアフリールームとコネクティングルームもあります。

客室内には49インチのテレビ、タッチパネル式の室温や照明、カーテンなどのコントロールパネル、Bluetoothスピーカー、セーフティーボックス、ミニバー、ティー&コーヒーメーカーを設けています。

ミニバーには限定デザインのコカ・コーラや地元のビールを取り揃えています。

↑ ベッドは、「一流ホテルのベッド」の「こちら(ポケットハード)」のタイプ
寝具は、「デュベ」のタイプ
シンプルなデザインにも関わらず、身体の重心をしっかり支えてくれる安定感で、腰に不安を感じている方にとっては嬉しい就寝環境です。

バスルームはツインベイシンのほか、シャワーブースとバスタブを完備しています。コンラッドスイートには漆塗りのバスタブを配しています。アメニティーはアロマセラピーアソシエイツ。随所に和の要素を取り入れています。

ウェルカムスイーツ

寝室の隣にはウォークインクローゼットがあります。

コンラッド大阪
〒530-0005
大阪市北区中之島3丁目2−4
電話: 06-6222-0111

ロイヤルパークホテル ザ 羽田

イメージ
日本橋や横浜みなとみらい、汐留、京都などに展開する高級ホテルチェーンの「ロイヤルパークホテル」ですが、

今回宿泊したのは、羽田空港にある、日本で初めてのトランジットホテル、「ロイヤルパークホテルザ 羽田」。

奥のガラス張りの建物が国際線ターミナルで、白いビルがホテル。

「トランジットホテル」とは、保安エリア内にホテル客室がある為、たとえば、海外からの乗り継ぎ客は、日本に入国せずに利用ができるというホテルです。(もちろん私達は日本国民なので直接の関係はありませんが・・)

ホテルスタッフには日本人のほか韓国人、ネパール人、インド人を採用していて英語以外の言葉にも対応するとか。

地上8階建て。フロントは4階と5階に位置し、2~8階が客室で、客室数は全313室。
シングル109室、ダブル41室、ツイン154室、ユ ニバーサル6室、スイート3室の構成で、その内、17室(シングル6室、ダブル4室、ツイン6室、ユニバーサル1室)が、トランジットホテルとなっています。

3階はレディースフロアとしているほか、ツインの一部は、トリプル・フォースでの利用も可能。

客室アメニティグッズ。歯ブラシセット、髭剃りセット、ヘアブラシ、シャンプーハット、シャンプー、コンディショナー、ボディソープなど。

客室のベッドは、こちらのタイプ(ポケットハード)上下セット。
ベッドカバーは「デュベスタイル」に「ベッドスロー」。

テレビは三菱製、空気清浄器はパナソニック製、コーヒーメーカーはキューリグ社製。

置時計と空調の操作パネル。安心と信頼の日本製。

ホテル内には随所に和のデザインが。

国際線ターミナル1Fには、24時間営業のコンビニ(Air Lowson)がありますし、同じく24時間営業の吉野家、モスカフェ、羽田食堂も近くにありますので、深夜でも困ることはありません。

トランジットホテルは、海外の主要空港には既に設けられていますが日本では初めてで、羽田空港はハブ空港としての機能を強化したい考えの様です。

出張の際には、是非また泊まりたいスタイリッシュなホテルです。

(「ロイヤルパークホテル京都」店はこちら)


◇ロイヤルパークホテル ザ 羽田

〒144-0041東京都大田区羽田空港2-6-5
羽田空港国際線旅客ターミナルビル内

ロイヤルパークホテル ザ 羽田

イメージ
日本橋や横浜みなとみらい、汐留、京都などに展開する高級ホテルチェーンの「ロイヤルパークホテル」ですが、

今回宿泊したのは、羽田空港にある、日本で初めてのトランジットホテル、「ロイヤルパークホテル ザ 羽田」。

奥のガラス張りの建物が国際線ターミナルで、白いビルがホテル。

「トランジットホテル」とは、保安エリア内にホテル客室がある為、たとえば、海外からの乗り継ぎ客は、日本に入国せずに利用ができるというホテルです。(もちろん私達は日本国民なので直接の関係はありませんが・・)

ホテルスタッフには日本人のほか韓国人、ネパール人、インド人を採用していて英語以外の言葉にも対応するとか。

地上8階建て。フロントは4階と5階に位置し、2~8階が客室で、客室数は全313室。
シングル109室、ダブル41室、ツイン154室、ユ ニバーサル6室、スイート3室の構成で、その内、17室(シングル6室、ダブル4室、ツイン6室、ユニバーサル1室)が、トランジットホテルとなっています。

3階はレディースフロアとしているほか、ツインの一部は、トリプル・フォースでの利用も可能。

客室アメニティグッズ。歯ブラシセット、髭剃りセット、ヘアブラシ、シャンプーハット、シャンプー、コンディショナー、ボディソープなど。

客室のベッドは、こちらのタイプ(ポケットハード)上下セット。
ベッドカバーは「デュベスタイル」に「ベッドスロー」。

テレビは三菱製、空気清浄器はパナソニック製、コーヒーメーカーはキューリグ社製。

置時計と空調の操作パネル。安心と信頼の日本製。

ホテル内には随所に和のデザインが。

国際線ターミナル1Fには、24時間営業のコンビニ(Air Lowson)がありますし、同じく24時間営業の吉野家、モスカフェ、羽田食堂も近くにありますので、深夜でも困ることはありません。

トランジットホテルは、海外の主要空港には既に設けられていますが日本では初めてで、羽田空港はハブ空港としての機能を強化したい考えの様です。

出張の際には、是非また泊まりたいスタイリッシュなホテルです。

(「ロイヤルパークホテル京都」店はこちら)


◇ロイヤルパークホテル ザ 羽田

〒144-0041東京都大田区羽田空港2-6-5
羽田空港国際線旅客ターミナルビル内

ホテルオークラ神戸

イメージ
ホテルオークラ神戸は、政財界の利用も多く、以前に藤原紀香と陣内孝則の披露宴がおこなわれたり、かつてはあのマドンナも宿泊したりという、神戸を代表する格式あるホテルです。

上層階の28階プレシャスフロアでした。

私が選んだのはスタンダードタイプ(27~29平米)ですが,もう少し広めのデラックス(37平米以上)もあります。

シックな色調で落ち着いた雰囲気を演出し、清潔感溢れるデュベ と間接照明の柔らかな灯りで、心地よい寛ぎと安らぎを醸し出しています。上には「ベッドスロー」。

また、液晶テレビが壁掛け式。全客室に完備したブロードバンド回線のインターネット環境も充実。窓側に配置したライティングデスクでの執務も快適に利用できます。

いつ宿泊してもとても清潔感の有るホテルオークラです。

ベッドはツインとダブルの二通りあります。私はダブルにしました。ベッドの種類は「一流ホテルのベッド」の「ポケット標準タイプ 」。

お茶台のガラス棚にはドリップ式コーヒー、赤リンゴの器には神戸元町「一番館」のりんごチョコ(無料)が置いてあります。
一番上の棚には花が飾ってありました。

部屋はポートタワーやモザイクが見える西側を予約していたので,予想通りとっても綺麗な夜景が楽しめました。このホテルは周囲に視界を遮るものがないので,どの方角でもいい景色が楽しめるようです。

神戸に来る際には是非また利用したいホテルです。

〒650-8560
兵庫県神戸市中央区波止場町2番1号

ホテルオークラ神戸

イメージ
ホテルオークラ神戸は、政財界の利用も多く、以前に藤原紀香と陣内孝則の披露宴がおこなわれたり、かつてはあのマドンナも宿泊したりという、神戸を代表する格式あるホテルです。

上層階の28階プレシャスフロアでした。

私が選んだのはスタンダードタイプ(27~29平米)ですが,もう少し広めのデラックス(37平米以上)もあります。

シックな色調で落ち着いた雰囲気を演出し、清潔感溢れるデュベ と間接照明の柔らかな灯りで、心地よい寛ぎと安らぎを醸し出しています。上には「ベッドスロー」。

また、液晶テレビが壁掛け式。全客室に完備したブロードバンド回線のインターネット環境も充実。窓側に配置したライティングデスクでの執務も快適に利用できます。

いつ宿泊してもとても清潔感の有るホテルオークラです。

ベッドはツインとダブルの二通りあります。私はダブルにしました。ベッドの種類は「一流ホテルのベッド」の「ポケット標準タイプ 」。

お茶台のガラス棚にはドリップ式コーヒー、赤リンゴの器には神戸元町「一番館」のりんごチョコ(無料)が置いてあります。
一番上の棚には花が飾ってありました。

部屋はポートタワーやモザイクが見える西側を予約していたので,予想通りとっても綺麗な夜景が楽しめました。このホテルは周囲に視界を遮るものがないので,どの方角でもいい景色が楽しめるようです。

神戸に来る際には是非また利用したいホテルです。

〒650-8560
兵庫県神戸市中央区波止場町2番1号

ヒルトン東京ベイ

イメージ
今回宿泊のヒルトン東京ベイは、1988年7月2日、『東京ベイヒルトン』として開業されました。
1990年にTBS系列で放送が始まった人気テレビドラマ『HOTEL』の撮影現場となったことでも知られています。(ドラマ内では「東京プラトン」として登場)

また、テレビ朝日系列で放送されたテレビドラマ『ホテリアー(日本版)』でも「東京オーシャンホテル」として登場しました。

最近、オリジナルの童話を創作し、その世界を再現した客室が設置されました。

今回はその「ハッピーマジックルーム」がオープン後、初めて宿泊させて頂きました。

↑お部屋はこんな感じ

トリプルルームでベッドは3セットあり、すべてを「ジョイント」して大きな一つのベッドに。

ベッドは、「一流ホテルのベッド」の「ポケットハードタイプ 」でした。
寝具は「デュベタイプ」で、上には「ベッドスロー」。

全体に森のイメージで明るい雰囲気の客室

同行の子供達のテンションも上がり気味です
壁には仕掛けがあり、備え付けの鍵を入れると、シャリ~ンと音がするのです。

子供向けのワクワクするようなお部屋のつくりですが、シチュエーションが「森の中」なので落ち着いた感じでゆっくり過ごすことができました。

ディズニーランド傍なので、ディズニーランドへ行き、ひと遊びしてまだホテルへ戻ってゆっくりすることも出来ます。

所在地:千葉県浦安市舞浜1-8